兵庫奥栄建設株式会社

森林復元構想

私たちは、昭和44年に先行企業から採石事業を継承して以来約半世紀に亘り、赤穂市福浦地区において採石事業を行って参りました。最盛期の昭和50年当時は、近隣から20名もの方々に働きに来て頂き、大変活気のある職場でした。
平成22年3月に無事に採掘を終了して今日に至ることができたのも、赤穂市民の皆様、特に福浦新田地区、鷆和地区の皆様からの多大なる協力があったからと、感謝の念に堪えません。この場をお借りして、採石場周辺に現在お住まいになっている方々のみならず、過去にお住まいになったことのある方々にも、御礼を申し上げます。
この度、私たちは、採石場跡地の活用を目的として「福浦採石場跡地の森林復元計画」を作成しました。この計画は、100年以上に亘り禿げ山だった採石場跡地を、人と自然が調和する、風光明媚な赤穂にふさわしい魅力的な「森林」に生まれかえらせようとするものです。
一方、埋め戻し材料として産業廃棄物を受け入れる計画であることに対し、周辺地域の多くの方々が不安を抱いておられることについては深刻に受け止め、責任を痛感しております。私たちの説明が不十分だったことを深く反省し、心よりお詫び申し上げる次第です。今後は、本ホームページに加え、パンフレット等を通じて、可能な限り本計画の説明をさせて頂く所存です。
私たちは赤穂市の発展に寄与致したく、微力ではありますが、全力を尽くして参りたいと考えております。至らないことも多々あろうかと思いますが、住民の皆様方には、今後とも引き続きご指導、ご教授を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 

代表取締役社長 松本 義之
ページの先頭へ